水、麦芽、およびホップからの麦汁の調製に必要なすべての装置。 麦芽醸造システムは、麦芽製造機、湯用タンク、氷上処理水用タンク、冷却および麦汁の曝気、グリコールクーラー、麦汁製造の測定および制御システムを含む。

サンプル麦芽醸造システムのスキームWBS:

醸造システムBreworx

麦芽醸造システムの構成要素:

WBM:ワート醸造機 (BBH - 醸造所) - ホップ麦芽の生産のための醸造機。 ビール製造プロセスにおける最も重要な技術的ステップは、麦汁の醸造である。 粉砕した麦芽または麦芽エキスを水と混合し、次いでホップで煮沸して最終製品 - 麦汁を製造する。

TCW:冷処理水用タンク (ITWT) - プレート熱交換器の麦汁の冷却に使用され、ビール製造プロセス中の麦汁の醸造のための温水としての水の加熱後に処理された飲料水の冷却および貯蔵のためのタンク。

THW:お湯のタンク (HWT) - 麦汁の醸造に必要な温水の加熱、貯蔵および投与のためのタンク。

WCA:クーラーとワートのエアレーター 冷処理水とグリコールを用いたビール発酵温度までの熱い麦汁の冷却のためのプレート熱交換器。 ワートは、ビール発酵のための酵母活性の開始のために酸素によって飽和される。

STG:蒸気発生器 醸造所の加熱のための高温蒸気の発生器、温水用のタンク、配管およびホース。

CSE:水冷システム - プレート式熱交換器の麦汁の冷却に必要な水またはグリコールを冷却するための、水タンク、熱交換器およびポンプを備えたコンパクトな水冷却器またはスプリット冷却装置。

ACO:空気圧縮機 - 麦汁の酸素化および空気圧バルブへの通電には、麦角製造機の部品として含まれるときに、カーボンフィルターを備えた空気圧縮機が必要です。